朝の占いで元気に1日を過ごす

朝の占いで元気に1日を過ごす

星座占いの宮について

朝の占いで元気に1日を過ごす
星座占いとはだれもが聞いた事あると思いますが、その種類を宮といい12種類あります。普段よく聞く星座の名前ではなく、宮としての名前が存在しますので紹介していきます。まず宮の1番目にあたる白羊宮です。星座名でいうとおひつじ座にあたります。次は金牛宮です。これはおうし座にあたります。3番目の宮は双児宮で、ふたご座にあたります。その次は巨蟹宮としてかに座になります。次は獅子宮で獅子座です。6番目の宮は処女宮でおとめ座になり、7番目は天秤宮のてんびん座です。

次は天蠍宮となりさそり座です。人馬宮でいて座となり、磨羯宮は山羊座になります。11番目は宝瓶宮でみずがめ座といいます。最後は双魚宮のうお座になります。このように12種類の宮をもとにその人の性格だったり相性や運命などを占います。その星座占いですが、十二宮にへびつかい座をくわえて13星座として占う星座占いもあります。13星座での占いの場合は、さそり座といて座の間にへびつかい座を加えた形で占います。ですが、当初は話題性から一時的に占いとして活用されましたが、その後占いとしては定着せずに12星座占いが主流となりました。

Copyright (C)2017朝の占いで元気に1日を過ごす.All rights reserved.