朝の占いで元気に1日を過ごす

朝の占いで元気に1日を過ごす

星占いで、一つ前の星座の人とうまくやる方法

朝の占いで元気に1日を過ごす
星占いが好きでいろいろ調べているのですが、「自分の一つ前の星座の人は、自分と相性が悪い」というのが通説としてあるようです。たとえば、牡牛座の人なら牡羊座の人と仲が悪く、みずがめ座の人なら山羊座の人と性が合わないということです。これは私自身も実感していて、「なんかこの人苦手だな」と思ったら一つ前の星座だったということが何度もあります。迷信と言ってしまえばそれまでですが、相性の悪い人に対して「一つ前の星座だから仕方ないか」と思えば、多少譲歩できたりするのでメリットもあります。

これは、西洋占星術では、12星座が人の一生を表しているからだと言われています。牡羊座が生まれたての赤ちゃんで、牡牛座が離乳食、双子座が喋り始めた幼児…などと成長していくのです。なので、自分の一つ下の星座は妹や弟のようなもので、人によっては「こんなこともできないの?」「甘えないで!」などの反発を抱いたりするそうです。でも弟や妹だからだと思えば、多少寛容になれそうです。

Copyright (C)2017朝の占いで元気に1日を過ごす.All rights reserved.