朝の占いで元気に1日を過ごす

朝の占いで元気に1日を過ごす

姓名占いは、画数だけでなく響きや見た目も大事

朝の占いで元気に1日を過ごす
姓名判断は基本的には画数で占いますが、ひらがなに直したときの陰陽や、名字と合わせたときの字面も十分に加味しなければなりません。名前というのは、その子が一生その名前で呼ばれるものです。なので、口に出したときの響きはとても大事になります。呼びにくかったり、発音しにくかったりする名前だと、呼んでもらえなくなってしまいます。優しい名前にしたかったら、ヤ行やハ行などの柔らかい文字を使ったり、しっかりした名前にしたかったら、サ行やカ行を入れたりするといいでしょう。

それから、漢字の画数に凝りすぎるあまりに、変わった漢字を使いすぎるのもどうかと思います。当て字のような漢字だと覚えにくかったり、毎回間違えられたりもします。姓名判断は姓名判断として、あまり凝りすぎずに参考にし、ごく普通の、愛される名前を付けてあげるのが、本当の子どもへの愛情のように思います。迷ったら、占術だけではなく、お寺のお坊さんなどに相談してみるのもいいでしょう。

Copyright (C)2017朝の占いで元気に1日を過ごす.All rights reserved.